読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「スクラム実践入門」を読んだ

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

少し前に出ていたスクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)を読んだ。Kindle版が紙バージョンから程なく出ていたので助かった。遅れて電子書籍版も出るものが増えてきて嬉しいけど、できれば同時に出る世の中になってほしい。色々大人の事情とやらがあると聞くけども。

内容は前半は用語や思想の説明などのスクラム総論、後半は各社の事例の紹介という各論が続くという方式だった。著者らは全て現場の開発者で、書かれていることの苦労や背景がよく伝わってくる本だった。概念や用語の解説もしっかりしていて、この本1冊でよく語られるようなことは良くカバーされていると思う。各社の事例はかなり納得できる内容で、実践したことのある人は「ですよねー」と思いつつ読むことが出来ると思う。

スクラムについての本といえばSCRUM BOOT CAMP THE BOOKも読んだけども、講義を本にしたということでケーススタディSCRUM BOOT CAMP THE BOOKよりも、用語等の解説も実際の各社の事例として生々しい事例も語られているのでより身にしみる感じを持って読むことが出来た。より自分の場合へ転換して想像しやすくて良かった。
ただ、本の書き方の流れとしては間違っていないんだけども1章は読み応えがあるもので順に読んでいる人が1章の時点でペースダウンしてしまうかもしれないとは思った。そういう意味では終始とっつきやすい雰囲気で語られるSCRUM BOOT CAMP THE BOOKを1冊目に、本書を2冊目とすると良いと思う。